Top > キャベツダイエットのデメリット

キャベツダイエットのデメリット

キャベツダイエットは、栄養価が高いキャベツを食べることで健康的でスリムな体を手に入れることができる方法です。
多くのメリットがあるキャベツダイエットですが、デメリットもあることを覚えておきましょう。
キャベツダイエットのデメリットは、キャベツが嫌いな方にとっては苦痛だということです。
キャベツが嫌いな方はキャベツダイエットをすることがストレスになってしまうのでやめておきましょう。
キャベツ自体は、淡泊で癖癖はありませんが、嫌いな方もいるでしょう。
そんな方には、毎食や夕食時にキャベツを食べるのが苦痛で続けられないこともあります。
キャベツダイエットの方法は、生のキャベツを千切りにして食べることです。
キャベツを切るのが面倒な方はスライサーなどを使用すると良いでしょう。
基本的には、味付けをしないでキャベツを食べるので飽きてしまう可能性もあります。
ドレッシングを使用しても大丈夫ですが、ノンオイルのものを使用しなければダイエットの意味がありません。使用するドレッシングに気を付ける必要があります。
キャベツダイエットは、良く噛んで食べることが大切です。
ゆっくり時間をかけて食べることで満腹感を得ることが食事の量を減らすことにつながりますが、アゴの弱い方などには苦痛に感じるかも知れません。
食べにくいと感じる場合は、レンジで2分ほど温めて柔らかくしてから食べると良いでしょう。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
キャベツダイエットとは(2015年2月28日)
キャベツダイエットのメリット(2015年2月28日)
キャベツダイエットのデメリット(2015年2月28日)
キャベツダイエットの効果(2015年2月28日)
キャベツダイエットで痩せる理由(2015年2月28日)